ブレーカーが落ちたときの対処法。落ちる原因や予防策について理解しよう

ブレーカーが落ちたときの対処法。落ちる原因や予防策について理解しよう

ブレーカーが落ちたときの対処法。落ちる原因や予防策について理解しよう

夜時間や入浴中、料理の最中など、ブレーカーが突然落ちてしまって困ったという経験をした人も多いのではないでしょうか?この記事では、ブレーカーが落ちる原因と対処法、ブレーカーが落ちにくい環境を作る方法を紹介します。ブレーカーが突然落ちることなく、安心して過ごせる生活を実現しましょう。

目次

1. ブレーカーの基礎知識を学ぼう

 1-1. ブレーカーの役割

 1-2. ブレーカーには3種類ある

2. アンペアブレーカーが落ちる主な原因と復旧方法

 2-1. 落ちる原因

 2-2. 復旧方法

3. 漏電ブレーカーが落ちる主な原因と復旧方法

 3-1. 落ちる原因

 3-2. 復旧方法

4. 安全ブレーカーが落ちる主な原因と復旧方法

 4-1. 落ちる原因

 4-2. 復旧方法

5. ブレーカーが落ちるのを防ぐ予防策

 5-1. 契約アンペア数を見直す

 5-2. 漏電対策をする

 5-3. アンペア数が高い電化製品を同時に使わない

 5-4. コンセントの分割や増設

6. ブレーカーが落ちる原因を理解し対策を立てよう

ブレーカーの基礎知識を学ぼう

ブレーカーが突然落ちてしまい、困ってしまったという経験を持つ人は多いのではないでしょうか。ブレーカーが落ちるのは、重大な事故やトラブルを防ぎ、住んでいる人を守るためです。

ブレーカーが落ちた場合の対策や予防策を学ぶにあたって、まずはブレーカーの基本的な役割や種類について学びましょう。

ブレーカーの役割

ブレーカーの主な役割は、家庭内での電力使用を疑似監視し、異常が発生した場合に電流を遮断して火災や感電などの事故を防ぐことです。

ブレーカーが落ちた状態とは、ブレーカーが作動してスイッチがオフになり、ブレーカー以降の電力供給が遮断された状態を指します。

過負荷、漏電、短絡などの状況に対処するため、適切なタイミングで作動します。これにより、安全性が確保され、電気設備が長持ちするようにもなります。

ブレーカーには3種類ある

ブレーカーには主に3種類が存在し、それぞれ異なる役割を果たします。以下では、アンペアブレーカー、漏電ブレーカー、安全ブレーカーの3つについて詳しく説明します。

アンペアブレーカー(契約ブレーカー、サービスブレーカー)

アンペアブレーカーは、家全体の電気使用量を管理し、設定されたアンペア数を超えた場合に電流を遮断します。

過負荷を防ぐとともに、電力会社と契約したアンペア数以上の電力を使えないようにする役割を担っています。

漏電ブレーカー

漏電ブレーカーは、漏電や電気配線のショートを検知すると作動し、電流を遮断します。感電事故や漏電火災を防ぐことが目的です。

漏電ブレーカーが落ちた場合、家庭内で漏電が発生し、火災などが発生する可能性が高まっています。漏電箇所が特定できるまで通電を行わず、工事業者に相談し、速やかに修復を行う必要があります。

安全ブレーカー(配線用遮断器、サーキットブレーカー)

安全ブレーカーは、特定の回路や場所で電気の使いすぎや機器のショートを検知すると作動し、その回路内の電流を遮断します。

安全ブレーカーが落ちた場合は、該当する回路の電化製品をオフにし、ブレーカーをリセットして再びオンにすることで復旧します。

どの家電製品を同時使用するとその回路の過負荷となるのか、配線や家電製品に問題がないかを確認することが重要です。

アンペアブレーカーが落ちる主な原因と復旧方法

ここからは、3種類のブレーカーごとの落ちる原因と復旧方法を解説します。まずは、アンペアブレーカーが落ちる主な原因とその復旧方法について詳しく説明します。

落ちる原因

アンペアブレーカーが落ちる主な原因は、電力の過剰使用です。具体的には、契約しているアンペア数を超える電力を同時に使用した場合に発生します。

例えば、エアコン、電子レンジ、ドライヤーなどの高消費電力の家電製品を同時に使用すると、一時的に家庭全体の電力需要が急増し、契約アンペア以上の電流が流れアンペアブレーカーが作動します。

特に、家庭内の電力需要が高まる季節や時間帯には、このようなトラブルが発生しやすくなります。また、電力契約が低い場合や、新しい高消費電力機器を導入した場合も、アンペアブレーカーが頻繁に落ちる原因となります。

復旧方法

アンペアブレーカーが落ちた場合の復旧方法は比較的簡単です。まず、家庭内の電化製品の電源を可能な限りオフにします。

次に、ブレーカーのスイッチをオンにします。ブレーカーがリセットされ、電力供給が再開されます。

その後、必要な電化製品の電源を一つずつオンにしていき、過剰な電力消費がないか確認します。この手順を踏んでまたブレーカーが落ちた時点を把握することで、どの家電製品を同時使用したことで契約アンペアを超えたのかをある程度特定することができます。

特定する際も、ブレーカーが落ちる直前に使用した電化製品から当たりをつけると良いでしょう。エアコンやドライヤーなど、電力消費が大きい電化製品を同時に使用した場合、どちらかを使っている間はどちらかを使わないといった方法で、ブレーカーが落ちるのを防げる可能性があります。 繰り返しブレーカーが落ちる場合は、電力会社に相談して適切な契約プランに変更することが有効です 。

漏電ブレーカーが落ちる主な原因と復旧方法

続いては、漏電ブレーカーが落ちる主な原因とその復旧方法について詳しく説明します。

落ちる原因

漏電ブレーカーが落ちる主な原因は、電気配線や電化製品の漏電です。漏電とは、本来電流が流れるべきでないところに電流が流れる現象を指し、これが発生すると感電や火災のリスクが高まります。

漏電の原因としては、長期間使用している電気配線や家電製品の劣化、内部ショートが考えられます。

また、湿気の多い場所や水回りで電気配線が濡れることや、不適切な配線工事が漏電の原因となることもあります。危険な状態であり、ただちに専門業者への相談などの対応が必要です。

復旧方法

漏電ブレーカーが落ちた場合、以下の手順で復旧を行います。まず、配電盤内のすべての安全ブレーカーをオフにします。

次に、漏電ブレーカーを確認します。つまみが完全に下がっていない場合がありますので1度オフにし、オフ状態からブレーカーを上げます。その後にオフにした安全ブレーカーを一つずつオンにしていきます。

この過程で、どの安全ブレーカー以降の回路で漏電が疑われるかを特定します。漏電箇所が推定できたら、その回路のブレーカーをオフにしたままにし、専門家に修理を依頼します。

漏電ブレーカーが再度落ちることが無ければ、修理が済むまでの間もそれ以外の回路は使用しても問題ないと考えられますが、早めに診てもらうことを推奨します。

また、定期的な点検とメンテナンスを行うことで、漏電のリスクを減らすことができます。感電や火災のリスクを最小限に抑えるために、アースの接続など漏電対策は怠らずに行いましょう。

安全ブレーカーが落ちる主な原因と復旧方法

最後に、安全ブレーカーの役割とその対処法について説明します。

落ちる原因

安全ブレーカーが落ちる主な原因は、特定の回路での過剰な電力消費です。これは、同じコンセントや回路に多くの電化製品を接続して一度に使用した場合に発生します。

例えば、キッチンで電子レンジと電気ストーブを同時に使用するなど、高消費電力の家電製品を同じコンセントや配線、回路内で同時に使用した場合などに、過負荷となり、安全ブレーカーが作動してその回路の電力供給を遮断します。

復旧方法

安全ブレーカーが落ちた場合、安全ブレーカーが落ちた場所を確認します。

次に、安全ブレーカーが落ちた場所で使っていた消費電力の大きな家電の電源を切るか、コンセントを抜きます。そして、安全ブレーカーのスイッチをオンにして完了です。

安全ブレーカーが頻繁に落ちる場合は、家電の別回路への配置換えや配線の見直し、専門家に相談し回路の増設を検討しましょう。

ブレーカーが落ちるのを防ぐ予防策

ブレーカーが落ちた場合の対策だけでなく、そもそも落ちるのを防ぐための予防策についても知っておきましょう。以下に、具体的な予防策を紹介します。

契約アンペア数を見直す

契約アンペア数が現在の生活スタイルに合っていない場合、アンペアブレーカーが頻繁に落ちる原因となります。

特に新しい家電製品を購入したり、家族が増えて電力使用量が増加したりすると、従来のアンペア数では対応しきれなくなることがあります。

使用する電気機器の数や消費電力を確認し、適切なアンペア数に契約を見直すことで、アンペアブレーカーが落ちる頻度は減らすことができます。

まずは、電力会社に相談して現在の契約内容を確認しましょう。そして、家庭内の電力使用状況を把握し、必要に応じて契約アンペア数を増やすことを検討します。

これにより、一度に多くの家電製品を使用してもアンペアブレーカーが落ちにくくなります。ただし、契約アンペア数を増やすと基本料金が上がるため、家計に与える影響も考慮することが大切です。

漏電対策をする

漏電はブレーカーが落ちる原因の一つです。漏電が発生すると、感電や火災のリスクが高まるため、至急対策が必要です。

家庭で簡単にできることとしては、コンセント周りのホコリはこまめに掃除する、濡れた手でコンセントや防水機能のない家電に触れないといった習慣や心がけが大切です。

加えて、定期的に点検を行い、古くなった配線や機器の交換を検討しましょう。

アンペア数が高い電化製品を同時に使わない

高消費電力の電化製品を同時に使用することは、ブレーカーが落ちる主な原因の一つです。

例えば、エアコン、電子レンジ、ドライヤーなどの高消費電力の家電製品を同時に使用すると、一時的に電力使用量が急増し、ブレーカーが作動することがあります。

この問題を防ぐためには、家庭内の電力使用状況を把握し、計画的に電化製品を使用することが重要です。

例えば、電子レンジを使うときにはエアコンを一時的にオフにするなど、使用時間をずらす工夫をしましょう。

これにより電力使用のピークを避け、ブレーカーを落とさずに使用することができます。

コンセントの分割や増設

一つの回路に多くの電化製品を接続すると、過負荷が原因で安全ブレーカーが落ちることがあります。

適切な分配を行うために、回路の分割や増設を検討しましょう。特に、同じコンセントやタップに高消費電力の家電製品を複数接続することは避けるべきです。

分電盤から各部屋に均等に電力を供給できるように配線を見直すことも効果的です。また、延長コードの使用は避け、必要な箇所には新たにコンセントを増設することで、安全かつ効率的な電力供給を実現します。

ブレーカーが落ちる原因を理解し対策を立てよう

ブレーカーが落ちる原因は、過剰な電力使用、漏電、電気機器の故障など多岐にわたります。

アンペアブレーカーは設定されたアンペア数を超えると作動し、漏電ブレーカーは漏電や配線のショートを検知して落ち、安全ブレーカーは特定の回路での過剰な電力使用が原因で作動します。

これらの原因を理解し、適切な対策を講じることで、家庭内の電力トラブルを未然に防ぐことができます。 具体的には、契約アンペア数の見直しや高消費電力機器の同時使用の回避、漏電対策が有効です。また、専門家のアドバイスを受けることも重要です。これらの対策を徹底することで、安全で快適な生活環境を維持しましょう。

関連記事

  • 電気を止められたらどうする?主な要因や再開の手続き、予防策を解説
    • 電気
    電気を止められたらどうする?主な要因や再開の手続き、予防策を解説
  • 一人暮らしのガス代を地域別・季節別に紹介!節約するためのコツは?
    • 節電
    • 電気
    • ガス
    一人暮らしのガス代を地域別・季節別に紹介!節約するためのコツは?
  • 【2024年最新版】日本の発電エネルギーの割合は?再生可能エネルギーや今後の普及について解説
    • 電気
    【2024年最新版】日本の発電エネルギーの割合は?再生可能エネルギーや今後の普及について解説
  • HOME   ›   電気   ›   ブレーカーが落ちたときの対処法。落ちる原因や予防策について理解しよう
    PAGE TOP