DIYでお得に省エネ対策を

DIYでお得に省エネ対策を

おうち時間を充実させるために、DIYで快適な住まいづくりに挑戦したい。
引っ越しで環境を変え、新たな住まいを好みの空間にリノベーションしてみたい。
昨今、仕事の仕方や生活環境をがらりと変え、引っ越しやリノベーションでライフスタイルを一新したいと考えている人が増えているようです。
「住まい」や「リノベーション」への関心が高まり、その機会に合わせて住まいの省エネ化を考える人も少なくありません。
新生活でお住まいのリノベーションをお考えなら、併せてDIYでの省エネ対策も検討してはいかがでしょうか。
今回はDIYリノベーションでできる省エネ対策についてご紹介します。費用をかけず、お得に、カンタンにお住まいの省エネ化に挑戦してみませんか?
ご自宅の省エネ化に必要な予備知識とDIYリノベーションの代表的な方法についてご紹介します。

家の中の熱の動きがポイント!


省エネ対策 3つの柱(はしら)

省エネ対策を最大限可能にする住まいのリフォームやリノベーションを計画するとき、まず要となるのは、【断熱】、【日射】、【気密】の3つの柱です。健康的で快適な省エネ化を実現するためには、これらの要素が適切に機能していることがとても大事なのです。
規模にもよりますが、特に初心者の方は事前に専門家に相談するなど、目的やコストに合わせ納得のいく計画を立てて取り組みましょう。

(省エネルギー庁 省エネポータルサイト 資料参照)

断熱

住宅の省エネ化ではまず、断熱性を向上させることが重要です。 例えば、冬の暖房では、外気よりも室内の温度が高くなるので、暖かい空気は室内から外へ流れていきます。反対に夏の冷房では外気に対して室内の温度が低くなるので、外の熱い空気は屋外から室内に流れて入ってきます。そのため、外気と室内の空気の移動をなるべく減らすことが断熱対策となります。そうすることによってエネルギー効率を高めた冷暖房が可能となり、エアコンの使用頻度や消費量を抑えることができます。

日射・遮蔽

主に冷房に対する対策になります。真夏に部屋の中の温度が高くなる原因は外から室内に入る日射熱です。日射を抑える工夫をすることで部屋の温度の上昇が抑えられ、夏の冷房のエネルギーを削減することができます。また上手く換気して排熱効果を高めましょう。その時、エアコンの「送風」や「通風」機能などを利用して、設定温度を上げないよう調節する工夫も必要です。

気密

多くの方々がご存じの通り、隙間風が入り、空気の出入りが起こることで室内の空気が内外を移動します。住居環境において換気はとても重要な要素ではありますが、この空気の移動が頻繁に起こることで冬の暖房効果は下がります。隙間を減らし、空気の移動を抑えるのが気密対策です。

DIYなら自分らしさも表現できる

お住まいをリニューアルするなら、自分の好みのテイストに仕上げたいですよね。DIYなら実現できそう。その後の修理や改修もしやすいです。 低コストで手軽にできるDIYでの省エネアイテムをご紹介します!

【断熱】【日射・遮蔽】をフォローするアイテム
遮熱効果の高いカーテン

窓は最も大きく外気の影響を受ける関所のようなところ。その分、しっかり対策をしておくことで最大限の効果が期待できます。なおかつDIYで行えば、手軽に、低予算で実現する箇所でもあります。
日射を遮る遮光カーテンで、真夏の日射熱が室内に入るのを防ぐことができます。素材の種類も豊富で色選びも楽しいです。レースカーテンであればお部屋が暗くならずに使えます。模様替えにも一役買いますね。冬は断熱効果のあるものを。

【断熱】【日射・遮蔽】をフォローするアイテム
断熱フィルム

大きなサイズの窓などは熱の出入りも大きいです。夏は日射、冬は断熱対策をしたいですね。
DIYで断熱フィルム、断熱シートを貼るという方法があります。費用も安く済んで手に入りやすく、取り付けも簡単。断熱効果も高いです。ぜひ挑戦してみてください。色々な製品があり、商品情報も沢山出回っています。夏用・冬用・夏冬兼用のシートもあり、時期ごとに専用の取り付けを行うことで更に効果が高まります。

【断熱】【日射・遮蔽】【気密】をフォローするアイテム
内窓の取り付け

窓に内窓を取り付けて二重構造にすることは、高い断熱効果や日射を和らげる効果が期待できます。こちらについても沢山の業者やメーカーによる、様々なタイプがあります。ホームセンターのDIYコーナーで安く手に入ります。簡易的なサッシを二重につけるだけでも断熱効率がアップしますし、工具も特別なものはありません。手軽で高い効果が得られるのは魅力ですね。

【日射・遮蔽】をフォローするアイテム
すだれ

日本の夏にはおなじみのすだれ。今も昔もよく利用されています。日よけ効果の他に、和のアイテムとしても人気ですね。風鈴とセットで涼しげな風情を醸し出します。
夏には打ち水をしますが、すだれにも打ち水をすることでさらに遮熱効果が上がります。
風通しがあれば、すだれにかかった水が蒸発することで冷風が送られ、室内の温度が2℃程下がることがわかっています。うまく活用できれば冷房の温度を抑えられますね。

【日射・遮蔽】をフォローするアイテム
アウターシェード

日射効果のあるアウターシェードもよく利用されるアイテムです。デッキやサンルーム、バルコニーなど、大きな窓辺に設置するアイテムです。DIYでも取り付けもできます。スタイリッシュで取り付けた後は扱いも楽です。
低価格のものから工事費込みで約70,000円くらいのものなど、さまざまなタイプが販売されていて、色、素材などのバリエーションも豊富、遮蔽効果も高いです。使い勝手のよいものを選ぶとよいと思います。
注意点として、風の強い日には使用を控える、また、カビが発生する場合がある為、湿度や雨天に注意する、という点には留意しておいたほうがよいでしょう。

番外編

デザイン性抜群!スタイリッシュなシーリングファンでDIYに挑戦

サーキュレーターという手軽な手段で空気の循環を促す方法もありますが、シーリングファンも人気です。高い天井に設置するシーリングファンは、インテリアとして取り入れられることが多いですが、空気の循環を高めてくれる省エネアイテムとしても人気です。最近では吹き抜けの天井の家も増えましたが、まさにそんなお家にはぴったりです。5mを超える天井の高さがある場合、一層暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと溜まってしまいます。シーリングファンで空気をかき混ぜると、部屋の温度を均一にしてくれるのです。
天井に高さがないと設置ができない、天井の強度も充分かどうか?などの確認が必要ですが、もしも条件が揃うなら、おしゃれな空間も実現でき、かなりの省エネ効果が期待できます。
夏場などはエアコンの設定温度を1℃上げることで約10%の電気代の削減になります。

室外機カバーを付ける

夏場の強い日射で高温にさらされると、室外機本体は高温になり、高温になった室外機は温度を下げようと働きます。その結果、電力を沢山消費するようになってしまうのです。
また積雪などにより、室外機の吹き出し口がふさがってしまうと、冬の暖房で熱を取り込むことができなくなっていきます。うまく運転できるよう、室外機カバーを使うことでかなり改善されます。
ホームセンターではウッディな素材やアルミ素材など、スタイリッシュなカバーも販売しています。また、道具を全て100円ショップで道具を揃えることもできますよ。

いかがですか?
今回は簡単に実践できて費用がかからず、お得にDIYで電力削減できるアイテムをご紹介しました。
本格的なリノベーションでは大きな省エネ効果がありますが、その場合は高いコストがかかることを覚悟しなければなりません。DIYを採用することで、思った以上の成果が得られると思います。是非お試しください!

関連記事

  • 冷房の温度は何度が快適?快適に過ごすポイントや電気代の節約方法を解説
    • 節電
    冷房の温度は何度が快適?快適に過ごすポイントや電気代の節約方法を解説
  • エアコンの1時間あたりの電気代はいくら?計算方法や電気代を決める要因を解説
    • 節電
    エアコンの1時間あたりの電気代はいくら?計算方法や電気代を決める要因を解説
  • オール電化住宅のメリット・デメリットは?電気代を抑えるポイントも
    • 節電
    • 電気
    オール電化住宅のメリット・デメリットは?電気代を抑えるポイントも
  • HOME   ›   節電   ›   DIYでお得に省エネ対策を
    PAGE TOP